[NEW ARRIVAL] WILLIAM LOCKIE

[NEW ARRIVAL] WILLIAM LOCKIE

当店自慢のニット達!

本日は昨年に引き続き、WILLIAM LOCKIEが再入荷したので、ご紹介させていただきます!

 

クルーネックタイプ(新色入荷してます◎)

【15 COLORS】WILLIAM LOCKIE(ウィリアムロッキー)×SEPTIS(セプティズ) ダブルネーム LAMBS WOOL CREW NECK SWEATER(ラムウールクルーネックセーター)

\19,980(taxin)

 

 

新作のカーディガンタイプ

【6 COLOR】WILLIAM LOCKIE(ウィリアムロッキー)×SEPTIS(セプティズ) ダブルネーム LAMBS WOOL CARDIGAN(ラムウールカーディガン)

\25,300(taxin)

 

 

 

「WILLIAM LOCKIE」は1874年、スコットランドの老舗のニットメーカーが集まるホウィック地方にて創業。

特にラムウールのセーターにかけては世界トップメーカーの一つとの評価もありますね。

100%の天然繊維以外は使用しないといったポリシーを持って生産を行っています。

 

今回入荷したクルーネック、カーディガン共にラムウール100%の2PLY。

 

当店とのWネームです。

 

 

 

 

ラムウールの一番の特徴は、ウール特有のチクチク感が無いところ。

 

皆さんご存じの通り、ラムは生後数か月の子羊。

なんとなく想像がつくかと思いますが、毛の質感がソフトなんです。

その為、チクチク感が無く、滑らかな肌触り。

おまけに軽く、同じ保温力でも生地を薄くすることが可能なのです。

 

 

発色もまた良いんです◎

このまろやかな優しい風合い。

イエローにしろオレンジにしろ明るい色ではあるんですけど、どこか落ち着いているというか、しっくりくるというか。

ラムウールのWILLIAM LOCKIEならではだな~と感じます。

素敵な色ばかりなので、どれにしようか悩んじゃいますね(笑)

 

 

サドルショルダーで着心地、デザイン共に◎

 

 

袖口は折り返す前提でシームが外に出ています

 

 

 

カーディガンは裾にボタン付き。

こちらは50年代~60年代頃によくみられるディテールです。

元々はゴルフウェアがルーツで、

ゴルフでスイングの際に裾がずり上がってこないように、

またボトムスのポケットが使い易いように、といった意味がありました。

 

後に着丈が短くなり、機能的な意味合いを持たなくなっても、デザイン的に人気だったそう。

皆さんお馴染みのペンギンさん「MUNSINGWEAR」なんかは、このタイプのゴルフカーディガンの代表的なブランドですね。

 

当時のメンズクラブ「街のアイビーリーガーズ(ストリートスナップ)」でも、MUNSINGのカーディガンにタートルネックを合わせた洒落者達が……..

もしかしたらこのブログを見て下さっている方の中に、「あ!自分だ!」という方がいるかもしれません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

168㎝60㎏ 38を着用

 

 

薄手なので、今の時期から春先までOK

ジャケットの下に着てもかさばることなく、使い回しは最高に良いです。

 

間からチラッと綺麗な色が見えるだけで、コーディネートにこなれ感も出せますよー!

 

 

是非店頭にて、独特で素敵な色味をご覧ください!

お待ちしております!

 

アイテムの詳細はこちら