トップ > 店舗紹介

SHOP

社長挨拶

お客様にワクワクするような夢を買って頂きたい

昭和の時代には「舶来上等」という言葉に象徴された輸入製品。
その「舶来」という言葉には、欧米の最先端の流行であり、また入手が困難な高額品というイメージが、まだまだ強く漂っていました。そういった時代を背景に、ある種それらの「威張り」の効く製品を身につけたり持ったりするのが一番のカッコ良さの定義とされ、また時間の経過とともにようやく私達庶民レベルでも少しづつ入手が可能になって来た輸入製品をあらかじめ選りすぐって店頭に並べ始めた小規模な店舗が神戸の高架下や東京のアメ横に出現し始めたのが今で言うセレクトショップの原点だと思います。
私がそういった輸入物のファッションに深い興味を持ち始めた70年代に神戸の高架下のショップや、後に就職したアメ横のショップで体感した、アメリカ製品やイギリス製品等を初めて手に取るワクワクとしたあの夢のような気持ちと、当時それらを手に入れた満足感を少しでも現代の若い人達にもお伝えしたいという一心で創業致しました。
現代は国籍を問わず多種多様な商品や店舗、様々な情報で溢れかえる時代ですが、私共の一番大切な仕事はただ単に店頭に高額な輸入品を並べる事では無く、時流に沿ったセレクトと価格設定、そして誠意を持って「お客様にワクワクするような夢を買って頂く」お手伝いを一生懸命させて頂く事だと思っています。

代表取締役社長 玉木 朗

features

SEPTISオーナー玉木朗の超B級アーカイブ

SEPTISスタッフのブログ