[STYLING!!!!]18AW SEPTIS STYLE vol.1

[STYLING!!!!]18AW SEPTIS STYLE vol.1

すっかり日も短くなり、秋の気配を徐々に徐々に感じてまいります。

さてさて、当店にもちらほらと秋冬の新作が入荷しております。

まずはイギリスのバーミンガムよりALEX JONESのハリントンジャケット。

 

[ALEX JONES / HARRINGTON JACKET]
color: MARINE, BORDEAUX, OLIVE, STONE
price: \13,824-(tax in.)
size: S, M, L

ポリ綿混合のツイル生地に、裏地はコットン100%のフランネルチェック。
昔ながらのゆったりとした作りのG9タイプで、MADE IN ENGLAND。
そして極めつけが13,824円というリーズナブルなプライス。

[BARNSTORMER / GLENURQUHART CHECK WOOL 1TUCK TROUSER]
color: WHITE/BLACK, NAVY
price: \23,760-(tax in.)
size: S, M, L

イギリス伝統のグレンチェックを採用したムードある一本。
温かみのある紡毛糸のツイード生地は、季節感を引き立たせるのに打ってつけ。
緩やかなテーパードでスッキリとまとめることで、クラシカルになり過ぎず、
様々なアイテムと相性良く合わせることができます。

 

これらをメインアイテムに据え、スタイリングをご案内。

 

outer: ALEX JONES / HARRINGTON JACKET
inner: GICIPI / INTERLOCK COTTON SOFT TURTLE NECK
pants: BARNSTORMER / GLENURQUHART CHECK WOOL 1TUCK TROUSER
shoes: G.H.BASS / LEXINGTON BURGUNDY
belt: HARDY&PARSONS / 1.25 HIGH GROVE QUICK RELEASE LEATHER BELT

モノトーンをベースにしながら、トップスとパンツにチェックが入り、
オーセンティックながらトレンドを意識した着こなしに。

ボリュームのあるアウターですが、綺麗なシルエットのパンツでまとめることで、
野暮ったさを感じさせず、上品にまとまります。

またインナーに用いているGICIPIのタートルネックは汎用性抜群で、
秋冬のスタイリングにおいて八面六臂の活躍間違いなしです。

 

KENNETH FIELDからも人気アイテムが続々入荷中。

[KENNETH FIELD / GURKHA TROUSER WIDE] 
color: WESTPOINT BEIGE, HERRINGBONE OLIVE
price: \31,320-(tax in.)
size: S, M, L

当店でも既にお馴染みとなっております、ブランドの顔であるグルカトラウザー。
今作は伝家の宝刀であるハイテーパードを封印し、初の試みであるワイドシルエットでのご提案。
ゆとりを持たせながらも、野暮ったさがなく綺麗にまとまったシルエットは、
まさに大人のためのトラディショナルワイドパンツ。
初めての方も既にグルカトラウザーをお持ちの方も、是非一度お試しいただきたい逸品です。

[KENNETH FIELD / 4FACE TIE]
color: RED PAISLEY/NAVY PAISLEY/OWL/CHAIN
price: \21,600-(tax in.)

こちらもご愛好されている方も多い、4ウェイネクタイの新作が到着。
ヴィンテージ風の柄が、コーディネートにおいて一際存在感を発揮します。
上質なシルクを用いることで、インパクトのある柄であっても、
その存在がけばけばしくならず、スッと溶け込んでくれるのもこのタイの良さ。

 

それではこちらもスタイリングをご覧あれ。

 

outer: US ARMY / 60s DEAD STOCK JUNGLE FATIGUE JACKET
inner: SEPTIS ORIGINAL / ORIGINAL IVY SHIRTS CHAMBRAY
pants: KENNETH FIELD / GURKHA TROUSER WIDE
shoes: G.H.BASS / LEXINGTON BURGUNDY
tie: KENNETH FIELD / 4FACE TIE

デッドストックのジャングルファティーグをジャケット代わりに、
グルカトラウザーでミリタリーとトラディショナルの要素を取り持ちつつ、
足元はバスのタッセルローファーでピシッとまとめる。

中で合わせるシャツもシャンブレーをチョイスすることで、
カジュアルな中にドレッシーな要素を感じさせるスタイリングになりました。

また、アーシーなカラーリングで上下の色味を抑えることで、
クラシカルでインパクトのあるタイの柄が一際輝きを放ちます。

タイドアップスタイルの肝となるのは何と言ってもネクタイです。
気に入った柄をまず選び、その柄を一番カッコ良く映すスタイリングで合わせれば、
その日は一日ご機嫌で過ごせることは間違いありません。

 

ではでは